7月23日 10:45 現在
研究員室(西)  23.6℃
研究員室(東)  24.1℃
本館 正面玄関
本館
ベイマツ大断面湾曲集成材の梁とスギ集成材の柱で構成された木質構造。内装にはふんだんにスギ材が使用されている。エントランスホール、図書室、研修室、総務管理課室、(財)秋田県木材加工推進機構事務室等からなる。
本館/正面玄関
ベイマツ大断面湾曲集成材の梁(R=52M、ベイマツ)とスギ集成材の柱(30cm角)で構成された木質構造。内装にはふんだんにスギ材が使用されている。エントランスホール、図書室、研修室、総務管理課室、(財)秋田県木材加工推進機構事務室等からなる。
エントランスホール
ベイマツ大断面湾曲集成材の梁(R=52M、ベイマツ)とスギ集成材の柱(30cm角)で構成された木質構造。天井はウッドウォール仕様の赤の節があるもので節の数と大きさも揃えています。壁材にはスギとともに秋田の代表樹種として知られるブナを使用しています。
研修室
120名収容。研究会、講演会、推進機構主催の研修会等の会場として使用。壁はウッドウォールで、スギ中径材の白太無節板目を使用
所長室
天井には天然秋田スギの張天、壁は桐の小幅板をパネル化したものを使用。窓には、木目が光で美しく浮き出るスギ柾目突板を張り合わせたバーチカルブラインドを採用。
図書室
延べ床面積約120m2、木材研究関連の図書を中心に約10,000冊を所蔵。梁にはスギとベイマツの異樹種複合による構造用大断面集成材の梁を実験的に採用。
ECO2 ウッドブロック施工実験(研究所本館棟前駐車場)